名前 夜衾草(ヨブスマソウ) 別名
学名 Cacalia hastata subsp.orientalis Kitam. 草木種 多年草
科属 キク科コウモリソウ属 高さ 2m以上
分布 北海道、本州(北関東以北)、南千島、サハリン
生育地 山地の林のふちや、やや湿った場所
花色 黄色 開花期 8~9月
実色 結実期
特徴 茎は中空で上部に縮れ毛がある。茎の中部の葉は長さ25~35cm、幅30~40cmの三角状鉾形で、先がとがり縁は突起状の鋸歯がある。基部は次第に細くなって柄の翼へと移行し、柄の基部は耳状となって茎を抱く。頭花は円錐花序に多数つき、総苞は長さ1~1.2cm、1個の頭花に6~9個の筒状花がある。花冠の長さは8~9mm。そう果。長さ7mmほどの白~汚白色の冠毛がある。
近似種
コメント