名前 谷地樺(ヤチカンバ) 別名
学名 Brtula ovalifolia Rupr 草木種 落葉低木
科属 カバノキ科カバノキ属 高さ 1~1.5m
分布 北海道(十勝、根室)、朝鮮など
生育地 道東の湿原
花色 黄褐色、紅緑色 開花期 5月
実色 緑色のち淡褐色 結実期 9~10月
特徴 よく分枝して横に広がる。葉は長さ1.5~4cmの楕円形~卵円形で、不揃いの細かい鋸歯縁で先はとがる。基部は広いくさび形。花は葉が広がる前に咲き、雌花序は長さ1~2cmで立ち上がる。雄花序は長さ2~3.5cmの尾状でぶら下がる。果実は長楕円状円柱形で長さ2cmほど。9~10月に成熟し、初め緑色のち淡褐色になる。冬芽は長卵形~紡錘形で長さ3~5mm、互生。
近似種
コメント