名前 山母子(ヤマハハコ) 別名
学名 Anaphalis margaritacea ssp.margaritacea 草木種 多年草
科属 キク科ヤマハハコ属 高さ 30~70cm
分布 北海道、本州(中部・北部)
生育地 低地~高山の日当たりのよい所
花色 白色 開花期 7~9月
実色 結実期
特徴 雌雄異株。茎には灰白色の毛が密生する。葉はやや厚く、長さ6~9cm、幅1~1.5cmの狭披針形。縁が下にめくれ、裏面は綿毛が密生して白い。頭花は径7mmほどで筒状花のみからなり、降雪時まで枯れずに残る。膜質の白い総苞片が取り囲む。
近似種
コメント