名前 裏白七竈(ウラジロナナカマド) 別名
学名 Sorbus matsumurana 草木種 落葉低木
科属 バラ科ナナカマド属 高さ 1~3m
分布 北海道、本州(中部・北部)
生育地 亜高山~高山の斜面
花色 白色 開花期 6~7月
実色 赤熟 結実期 9月
特徴 枝はよく分かれる、積雪や風でよく曲がりややこしい枝ぶりとなる。若い枝は滑らかで緑がかった茶色、古くなると次第に黒ずんでくる。葉は奇数羽状複葉で小葉は4~6対、頂小葉より側小葉が大きく長楕円形。光沢がなく裏面は白っぽい。半ばより先端側が鋸歯縁。花は複散房花序に多数つき、径1cmほど。花弁は5枚で平開する。果実は楕円状球形で長さ1cmほど。下垂せず先端のがく片は内側に曲がって互いに合着し、星形のくぼみをつくる。
近似種
コメント