名前 露草(ツユクサ) 別名
学名 Commelina communis Linn. 草木種 一年草
科属 ツユクサ科ツユクサ属 高さ 20~50cm
分布 日本全国
生育地 道ばたや草地などに生育
花色 青色 開花期 8~9月
実色 結実期
特徴 茎は分枝しながら地をはい、上部は斜めに立ち上がる。葉は長さ5~8cmの先端が尖ったタマゴ状披針形で互生し、基部は膜質の鞘になる。花は、二つに折れた舟形(帽子型)をした苞葉の間から1個ずつつきでて咲き、鮮やかな青色、朝咲き夕方しぼむ。花弁は3枚。上の2枚は大きく青色で、下の1枚は小さく、白色。雄しべ6本、うち2本の花糸は雌しべと同様に長い、4本は仮雄ずい(発達不良で本来の生殖機能を持たない)で1本は長く、3本は短い。蒴果は長楕円形で、熟すと褐色になり、2つに割れる。
近似種
コメント