名前 蔦漆(ツタウルシ) 別名
学名 Rhus ambigua 草木種 落葉木本
科属 ウルシ科ツタウルシ属 高さ
分布 北海道、本州、四国、九州
生育地 低地~山地の林内
花色 黄緑色~淡褐緑色 開花期 6月
実色 緑色から褐色 結実期 10月
特徴 気根により岩や他の幹をよじ登る、つる性で雌雄異株。葉は3出複葉で小葉は長さ5~15cmの卵形。短い柄があり全縁だが幼樹では切れ込み状の鋸歯がある。新葉は赤く、秋にも紅葉して、触れるとかぶれる。花は葉腋から出る花序に多数つき、がく片と花弁、雄しべは5個ある。花弁は雄花で長さ3mmほどで雌花は小さい。果実は偏球形で長さ5~6mm。
近似種
コメント