名前 角榛(ツノハシバミ) 別名
学名 Corylus siebodiana Blume 草木種 落葉樹
科属 カバノキ科ハシバミ属 高さ 3~4m
分布 日本、朝鮮、北海道は日本海側
生育地 山地
花色 淡褐色 開花期 4月
実色 淡緑褐色 結実期 10月
特徴 多くの幹が根元からでて大きな株状になることも多い。枝には毛がある。葉は広倒卵形、長さ5~11cm、先は急にとがる。縁に細かい鋸歯があり、もとは円みを帯びる、裏の脈上に毛がある、側脈は8~10対、6~15mmほどの柄がある。雌雄同株、雄花序は尾状で淡褐色、雌花序は花が数個集まり、赤い柱頭が外に出る。4月に開花。堅果で総苞は筒状、刺毛を密生し長さ3~5cm、10月成熟。淡緑褐色。種子は食用。冬芽は倒卵形で先は円く、長さ4~8mm、互生。
近似種 トックリハシバミは総苞が短く約1cm。
コメント