名前 当別開拓記念樹
所在地 北海道石狩郡当別町元町1119 当別神社境内
樹種 イチイ(オンコ)
イチイ 推定樹齢
樹高 幹回り
北海道森林活用課みどりバンク
北海道百年記念、北海道の名木美林:昭和43年北海道国土緑化推進委員会発行
北海道記念保護樹林昭和48年3月30日指定
新日本名木100選:平成2年読売新聞社編纂にともなう北海道の基礎資料
明治4年(1871)、仙台支藩岩出山藩の踏査隊が到達した折り、この樹下に露営したといわれている。また最初の入植地聚富から当別まで5里7丁を伐り開いたときの終点でもあり、伊達邦直が視察した折り、この樹の下に祝宴をはり労をねぎらったゆかりの樹でもある。
昔、当別川に大洪水がありアイヌ人が多数溺死したとき、このイチイに舟をつないだ一人の女人だけが難を免れたとも伝えられている。
場所