名前 栃木(トチノキ) 別名
学名 Aesculus turbinata Blume 草木種 落葉高木
科属 トチノキ科トチノキ属 高さ 20~25m
分布 日本、本道では西南部以西
生育地 山の谷間
花色 白色 開花期 5~6月
実色 褐色 結実期 10月
特徴 太い枝が斜めに出やすく、壮大になる。樹皮は灰褐色であるが古くなると灰色になり深く裂け目ができて鱗状になる。葉は長さ20~40cmの掌状複葉、小葉5~7枚、中央のものが最大で狭倒卵形、対生。花は白色で基部は淡紅色おびる、径約1.5cm、花弁4枚、雄花と両性花が交って円錐花序をつくる。5~6月開花。果実は球形で径4cm、3本の溝がある。中には1個の褐色の種子があって円い。冬芽は長卵形で長さ10~30mm、樹脂で粘る。
近似種
コメント