名前 白玉木(シラタマノキ) 別名
学名 Gaultheria miqueliana 草木種 落葉低木
科属 ツツジ科シラタマノキ属 高さ 20~30cm
分布 北海道、本州(中部・北部)
生育地 亜高山~高山のれき地
花色 白色 開花期 6~8月
実色 結実期
特徴 よく分枝して横に広がり、幹と枝の長さが20~30cmになる。葉は楕円形で厚く硬く光沢があり、表の網目模様が目立つ。花冠は坪形で先が浅く5裂し、枝先に総状に1~6個つく。果実はさく果で、がくが膨らんでそれを包み、径1cmほど。通常白く熟すが時に淡紅色の模様が入る。食べるとサロメチールの味がする。
近似種
コメント