名前 牛尾菜(シオデ) 別名
学名 Smilax riparia var.ussuriensis Hara et T.Koyama 草木種 多年草
科属 ユリ科シオデ属 高さ つる性(約2m)
分布 北海道~四国、九州
生育地 低山の林縁や原野
花色 緑色 開花期 7~8月
実色 黒熟 結実期
特徴 アスパラガスの近縁種。つる状の茎はよく分枝し、巻き髭があり、他のものにからみついて伸びる。葉は光沢がある先がとがったタマゴ形で、長さ5~10cm、5~7脈があり、基部は円心形で互生し、長さ1~2cmの柄がある。新芽~若葉は山菜として利用される。花は、つるの下部のほうの葉のわきに、傘状の穂をだして、小花を多数つける。雌雄異株で、雄花の花びらはそり返り、果実は黒く熟す。
近似種
コメント アイヌの呼び名「シュオンテ」に由来