名前 仙洞草(セントウソウ) 別名 オウレンダマシ
学名 Chamaele decumbens 草木種 多年草
科属 セリ科セントウソウ属 高さ 10~35cm
分布 北海道~四国、九州
生育地 山野の林内などに生育
花色 白色 開花期 4~6月
実色 結実期
特徴 葉はほとんど根生で、紫色をおびる長い柄があり、三出羽状複葉。小葉はタマゴ形で、ふちには鈍いギザギザがある。花は葉の間からでる茎の先につく白色の小花で、5~10個が複散形状につく。花弁は五枚で、内側に曲がる。
近似種
コメント 別名のオウレンダマシは草姿が薬草として著名なセリバオウレンによく似ていることから。