名前 猿面海老根(サルメンエビネ) 別名
学名 Calanthe tricarinata 草木種 多年草
科属 ラン科エビネ属 高さ 30~50cm
分布 北海道、本州、四国、九州
生育地 低地~山地の広葉樹林下
花色 黄色に赤茶色 開花期 5~6月
実色 結実期
特徴 根元に偽球茎がある。長楕円形の大きな葉が2~4枚あり、ひだ状に縦折れしている。葉は緑色のまま越冬する。花は茎の上部にややまばらにつき、3枚のがく片と2枚の花弁は緑色がかった黄色。唇弁は3裂して猿の顔よろしく赤茶色をし、中部の裂片が特大で縁は細かく波打つ。
近似種
コメント