名前 利尻草(リシリソウ) 別名
学名 Anticlea sibirica 草木種 多年草
科属 シュロソウ科リシリソウ属 高さ 10~25cm
分布
生育地 礼文島と利尻島の高山草地
花色 淡緑色 開花期 7~8月
実色 結実期
特徴 地下の鱗茎から細い花茎と葉が出る。葉は数枚が根生し、長さ10~20cm、幅4~10mmの線形で基部は細い。茎葉はないか、少数つき小さい。花は円錐状の花序に数個~十数個まばらにつき、径1.5cmほどで苞は長さ3~25mmの狭披針形。雄花と両性花がある。花被片6枚は斜開し、内側に黄緑色の大きな腺体がある。外面は紫白色
近似種
コメント