名前 ピレオ菊 別名 イワギク、エゾノソナレギク
学名 Chrysanthemum weyrichii 草木種 多年草
科属 キク科キク属 高さ 10~30cm
分布 :北海道の南西部、サハリン
生育地 :海岸の岩の裂け目
花色 白色ないし淡い紅色 開花期 8~10月
実色 結実期
特徴 葉は肉質で、幅広いへら形をしており、羽状に深く裂ける。 裂片の縁には粗い鋸歯がある。花は白ないし淡い紅色を帯びた舌状花のある頭花を茎先に一輪ずつつける。 筒状花は黄色い。 花径は3~6cmくらいである。花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
近似種
コメント 和名の由来は、サハリンの地名であるピレオからきている。