名前 大紅葉(オオモミジ) 別名
学名 Acer palmatum var.amoenum Ohwi 草木種 落葉樹
科属 カエデ科カエデ属 高さ 12m
分布 日本、朝鮮
生育地
花色 暗紅色 開花期 5月
実色 結実期
特徴 イロハモミジの変種で、山地の谷間などによく生える。高さ10~13mになり、樹皮は灰褐色。イロハモミジより葉が直径7~11cmと大きく、基部は心形で、掌状に7~9裂する。裂片は楕円形または長楕円形状披針形でイロハモミジより幅が広く、先端は尾状にややとがるか、急につきでる。ふちには細かくそろった鋸歯がある。4~5月に開花する。雄花と両性花がある。翼果は長さ約2cmでほぼ水平に開く。果皮は木質化してかたい。
近似種
コメント