名前 大紅空木(オオベニウツギ) 別名
学名 Weigela florida A.DC 草木種 落葉低木
科属 スイカズラ科タニウツギ属 高さ 2~3m
分布 福岡県、朝鮮、中国
生育地 山地にまれに生え、観賞用にも植えられている。
花色 暗赤色~鮮紅色 開花期 6月
実色 結実期 10月
特徴 枝は暗灰色。楕円形で長さ5~6cm、先はとがり基部はくさび形、細鋸歯縁、対生、表面の脈上に短毛がある。枝先や葉腋に暗赤色~鮮紅色の花を数個ずつつける。花冠は長さ3~4cmの漏斗状鐘形で毛があり、先は5裂、萼は長さ1~1.3cmで紅色を帯び、1側が深裂し、他の4個は中裂する。実は円柱形で長さ2.5cm。冬芽の頂芽は有毛で長さ8mm、側芽は長さ3mmで対生する。
近似種
コメント