名前 奥鳥兜(オクトリカブト) 別名
学名 Aconitum japonicum ssp.subcuneatum 草木種 疑似一年草
科属 キンポウゲ科トリカブト属 高さ 80cm~2m
分布 北海道(西南部)、本州(中部以北)
生育地 山地の林内や林縁
花色 紫色 開花期 8~9月
実色 結実期
特徴 茎は直立または弓なりに曲がり、長さ80cm~2m。地下の塊根は母根と子根に分けられる。葉はやや厚く長さ6~18cm。掌状に5~7中裂し、裂片には粗い鋸歯がある。花は散房または円錐花序についてふつう上から咲き、長さ3.5~4.5cm。2個の花弁は烏帽子状のがくに囲まれる。花柄には曲がった毛がある。根にはエゾトリカブトに次ぎ日本で2番目に強い毒性があるという。
近似種
コメント