名前 野蕗(ノブキ) 別名
学名 Adenocaulon himalaicum Edgew. 草木種 多年草
科属 キク科ノブキ属 高さ 60~100cm
分布 北海道~沖縄、南千島
生育地 やや湿り気をおびた道ばた、谷すじ、沢沿い、山地の林内など
花色 白色 開花期 8~9月
実色 結実期
特徴 地下茎があり、横に伸びる。葉は互生し、茎の下部に集まっている。葉柄は長さ10~20cmほどある。茎は高さ60~100cmになり、直立し、上方で枝分かれし、先はわずかに傾く。茎には有柄の腺体がある。葉は三角状をした心形で、長さ7~13cm、幅11~22cmで、裏面に密に白い綿毛がある。花は白色で8月頃咲き、小さな頭花が円錐花序ににつく。縁の雌花と内の両性花があるが、両性花は不念である。果実(そう果)は長さ7mmほどで、柄のある腺体がつく。
近似種
コメント