名前 庭石菖(ニワゼキショウ) 別名
学名 Siyrinchium atlanticum Bicknel 草木種 多年草
科属 アヤメ科ニワゼキショウ属 高さ 10~20cm
分布 北米原産の帰化植物
生育地 道ばたの日当たりに生育
花色 紫色 開花期 5~6月
実色 結実期
特徴 茎は扁平で、緑色の狭い翼が二個ある。葉は根元からでる先がとがった線形で、縁には細いギザギザがある。花は茎先から細い花柄を散状にだし、その先に直径1.5cmの花がつく。花被は6枚で、白紫色(白地に紫の細線入り)あるいは桃紫色で、中央の花芯は黄色になる。最近は黄花種も出ている。花後、径7mmほどの真ん丸い果実を結び、熟すとこぼれ種子から、よく育つので、芝生のやっかいな雑草となっている。
近似種
コメント