名前 合歓木(ネムノキ) 別名
学名 Albizzia julibrissin Durazz. 草木種 落葉樹
科属 マメ科ネムノキ属 高さ 5~7m
分布 本州、四国、九州、沖縄、朝鮮など
生育地
花色 淡紅色 開花期 8月
実色 結実期 10~11月
特徴 樹皮は灰褐色で褐色の皮目が目立ち、なめらか。枝は太く無毛で横に広がる。有柄で互生し、偶数2回羽状複葉で長さ20~30cm、羽片は7~12対、小葉は18~29対あり、長さ10~15mm、幅2.5~4mmで革質。全縁で短毛がある。裏面は短毛があり、粉白色となる。夜になると、小葉が閉じて垂れ下がる。花弁は長さ8mm、花糸は長さ3.5cmでともに淡紅色。豆果は長さ約10cm。冬芽は球形~いぼ状で長さ1~2mm、互生。
近似種
コメント