名前 成相寺(ナリアイジ)のイブキ
所在地 淡路島
樹種 イブキ
ヒノキ科ビャクシン属 推定樹齢 数百年
樹高 16m 幹回り 7m
朝鮮中国中部、日本では本州四国九州に分布する。は短くに密着し、互いによりあって葉の付いた枝は棒状の外見を持つ。時に針状の葉を持つ枝が見られる。葉の付いた枝はすべて上に向かって伸び、全体としては炎のような枝振りになる。太くなった幹の樹皮は赤褐色で、縦方向に薄く長く剥がれる。雌雄異花で花期は春。
場所 兵庫県南あわじ市