名前 難波津(ナニワズ) 別名 エゾナツボウズ、エゾオニシバリ
学名 Daphne jezoensis 草木種 落葉小低木
科属 ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属 高さ 50cm
分布 北海道、本州中部以北
生育地 低地~低山の林下
花色 黄色 開花期 4~5月
実色 赤熟 結実期 9月
特徴 茎は無毛で、まばらに太めの枝を出す、茎は軟らかくやや滑らかで灰茶色。新しい葉は秋に出て冬を越し、初夏に落ちる、倒披針形で、長さ4~8cm、幅2~3cm、先は円く全縁、質は薄い、裏面は白っぽく、互生。雌雄異株。花弁はなく、がくが4深裂する。雌花は径1cm、雄花は1.5cm。果実は赤い液果で球形~楕円形、長さ1.3cm、径1.1cmほどで有毒。
近似種 オニシバリの北方形品種、オニシバリは高さ1~1.5m。
コメント 夏に落葉するので、夏ボウズ。樹皮が丈夫で、この樹皮で縛ると、鬼でも逃げられないの例え。ナニワズはオニシバリの長野県の方言。