名前 長穂白吾亦紅(ナガボノシロワレモコウ) 別名 ナガボノワレモコウ
学名 Sanguisorba tenuifolia var.alba 草木種 多年草
科属 バラ科ワレモコウ属 高さ 80cm~1.4m
分布 北海道、本州(中部・北部)
生育地 低地~山地の湿った草地
花色 白色 開花期 8~9月
実色 結実期
特徴 長い葉が根生し、奇数羽状複葉で、長さ7~8cmの広線形の小葉が5~7対ある。鋸歯縁で基部に小さな托葉がつく。花茎にも小さな複葉がつく。花序は円柱形で長さ2~7cm、先が垂れる。花に花弁はなく長い雄しべががく片4枚の中心から突き出る。
近似種
コメント