名前 珠芽刺草(ムカゴイラクサ) 別名
学名 Laportea bulbifera 草木種 多年草
科属 イラクサ科ムカゴイラクサ属 高さ 40~80cm
分布 北海道、本州、四国、九州
生育地 低地~低山の湿った林内
花色 黄緑色 開花期 8~9月
実色 結実期
特徴 雌雄同株。茎や葉に刺毛があり、触れると痛痒い。葉は長い柄があって互生し、葉身は長さ4~12cmの卵状楕円形で、粗く低い鋸歯縁で先がとがる。茎頂部に雌花序が、その下に雄花序がつく。いずれも円錐状。雌花は白く長い雌しべが目立つ。雄花は花被片と雄しべが4個ずつある。果実は円盤状で径3mmほど。
近似種
コメント