名前 深山塔花(ミヤマトウバナ) 別名
学名 Clinopodium micranthum yar.sachalinense 草木種 多年草
科属 シソ科トウバナ属 高さ 20~60cm
分布 北海道、本州(中部以北)
生育地 低山~亜高山の樹林帯
花色 白色~淡紅色 開花期 7~8月
実色 結実期
特徴 茎は直立して断面は四角。葉は長さ3~6cmで下部は卵形~広卵形、上部で狭卵形、粗い鋸歯縁。茎頂と葉腋に花序がつき、数段輪生状となる。苞は花柄より短く、がくは筒状の鐘形で長さ3.5~4mm、短毛が生える。花冠は長さ5mmほど、2唇形で下唇は3裂。
近似種
コメント