名前 雌待宵草(メマツヨイグサ) 別名
学名 Oenothera biennis 草木種 二年草
科属 アカバナ科マツヨイグサ属 高さ 30~150cm
分布 北米原産の帰化植物
生育地 荒れ地や河原などに生育
花色 黄色 開花期 7~9月
実色   結実期
特徴 明治後期に渡来して、戦後になって急速に分布を広げた。茎は下部から枝をだして立ち上がる。根生葉はへら形で、冬のロゼット葉は赤く染まる。茎葉は長めの楕円形で、ふちには浅いギザギザがある。花は茎上部の葉のわきにつく黄色い花で、径2~5cm。アレチマツヨイグサとの自然交雑種が多くなっているのではないか、という説がある。
近似種
コメント