名前 目薬木(メグスリノキ) 別名 チョウジャノキ
学名 Acer maximowiczianum 草木種 落葉高木
科属 カエデ科カエデ属 高さ 10~15m
分布 本州(宮城・山形以西)、四国、九州
生育地 山地に生える
花色 白色 開花期 5月
実色   結実期
特徴 雌雄異株。若枝には皮目があり、灰白色の毛が多い。葉は3出複葉で対生する。小葉は長さ5~12cmの楕円形で、縁に不規則な鋸歯がある。裏面、特に脈上には灰褐色の開出毛が密生する。葉と同時に枝先に白色の花が2~3個咲く。花弁と萼片は5個。雄しべは10~20個あり、雌花では短い。子房には毛が密生する。翼果は長さ4~5cmと大形で黄褐色の毛が密生し、あまり開かない。
近似種
コメント 灰色のなめらかな樹皮を煎じて洗眼薬にするので