名前 蝮草(マムシグサ) 別名
学名 Arisaema serratum 草木種 多年草
科属 サトイモ科ナンテンショウ属 高さ 30cm~1m
分布 北海道、本州、四国、九州
生育地 湿った林内などに生育
花色 緑色 開花期 5~6月
実色   結実期
特徴 雌雄偽異株で変異が大きい。地中にある扁球形の塊茎から葉と花茎を立てる。茎に見えるものは偽茎といい、鞘状となった葉柄下部で、毒蛇マムシのようなまだら模様がある。葉は鳥足状の複葉で2個つき、小葉は5~17枚で狭倒卵形~広楕円形、全縁で先がとがる。花は葉より高い位置につくことが多く、肉穂花序は長さ10cmほどで縦筋のある仏炎苞に包まれている。花序の上部はこん棒状の付属体となる。果実は球形で赤く熟す。
近似種
コメント