名前 瘡の王(クサノオウ) 別名
学名 Chelidonium majus var.asiaticum Ohwi 草木種 1~2年草
科属 ケシ科クサノオウ属 高さ 30~80cm
分布 北海道~四国、九州
生育地 日当たりのよい草地、道ばた、林のふち。
花色 黄色 開花期 5~8月
実色   結実期
特徴 茎は中空で全体がやわらかく、粉白色をおび、切ると黄色い汁液がでる。葉は1~2回羽状に深く切れ込み、葉と茎には縮れ毛が密生する。茎先につく花は黄色で、花弁は4枚。径約2cmで数個つく。萼片は2個あるが、ケシ科の特性どおり、開花と同時に落ちる。
近似種
コメント 皮膚病に薬効があり「瘡(できもの)の王」の説が有力