名前 枸杞(クコ) 別名
学名 Lycium chinense Miller 草木種 落葉低木
科属 ナス科コク属 高さ 2m
分布 北海道(南部にあるとされる)~沖縄
生育地 海岸~平地に生え、やや湿り気のある土手や道路わきなどの荒れ地に多い。
花色 淡紫色 開花期 8~9月
実色  赤熟 結実期 10月
特徴 幹の下部から分岐し、枝は細く、先端はやや垂れ下がる。しばしば葉のわきに枝の変形した刺があり、ときには枝先も刺になる。葉は長楕円形または楕円形で、先はやや円いかとがり、基部は次第に細くなる。葉の長さは2~6cm、幅0.5~2.5cmで、ふちは全縁である。互生するが、多くは短枝の先に数枚集まってつく。花は8~9月に咲き、淡紫色、花冠の径は1.3cmほどで、先は5つに裂け、広く平らに開く。果実(液果)は楕円形で長さ1.5~2cm、10月頃に赤く熟す。
近似種
コメント クコの実はゴジベリーというスーパーフード