名前 小瓔珞躑躅(コヨウラクツツジ) 別名
学名 Menziesia pentandrra 草木種 落葉低木
科属 ツツジ科ヨウラクツツジ属 高さ 1~2.5m
分布 北海道、本州、四国、南千島、サハリン
生育地 山地~亜高山の林内
花色 黄緑色~赤紫色 開花期 5~6月
実色   結実期 9月
特徴 葉は枝先にやや輪生状につき、葉身は長さ2~5cmの長楕円形で、はじめ軟毛が多い。花は枝先から腺毛のある長い柄で数個ぶら下がる。花冠は径5mmほどのいびつな壺形で光沢があり、先が浅く5裂する。果実の色と形は微小なリンゴ状。冬芽は紡錘形で長さ3~6mm、花芽はほぼ球形で5~6mm
近似種
コメント