名前 小葉擬宝珠(コバギボウシ) 別名
学名 Hosta sieboldii 草木種 多年草
科属 ユリ科ギボウシ属 高さ 40cm~1m
分布 北海道、本州、四国、九州
生育地 低地~亜高山の湿原や草地
花色 淡紫色 開花期 7~8月
実色   結実期
特徴 葉は根生して斜めに立つ。葉身は長さ15~30cmの披針形~長楕円形で、葉脈が目立ち、縁がやや波打って基部は次第に細くなり葉柄の翼となる。花はやや下向きに数個~10個つき、長さ5~6cm。花被片6枚が基部で合着して漏斗状となり、開口部は6枚の裂片となって径5cmほど。雄しべは6本。
北海道のものは葉が大きく、花の細い筒部が短い変種タチギボウシと分ける見解もある。
近似種
コメント