名前 狐の牡丹(キツネノボタン) 別名
学名 Ranunculus silerifolius var.glaber 草木種 二年草
科属 キンポウゲ科キンポウゲ属 高さ 30~60cm
分布 日本全国
生育地 田のあぜなどにも生育
花色 黄色 開花期 7~9月
実色 緑色 結実期
特徴 茎は中空で無毛。毛があるのはケキツネノボタン。葉は三出複葉で、根生葉長い柄があり、小葉はさらに二裂または三裂し、ふちにはギザギザがある。茎葉は互生し、柄は短い。花は茎先につく花弁5枚の黄色い花で、径1~1.5cm。実は金平糖状。
近似種
コメント