名前 北辛夷(キタコブシ) 別名
学名 Magnolia kobus var.boralis Sarg. 草木種 落葉高木
科属 モクレン科モクレン属 高さ 20m
分布 北海道、本州中部以北
生育地 山地や沢沿い
花色 白色 開花期 4月
実色   結実期 10月
特徴 枝はやや太く短枝が多く、斜めに伸びて広がる。やや円味のある大きな樹冠となる。枝を折ると良い香りがする。樹皮は灰色で、老木では細かい溝がたくさんできる。新しい枝はややジグザグに伸び暗褐紫色。葉は広倒卵形、長さ10~17cm、側脈10~12対、互生。花は両性花、白色で径約12cm、花弁6枚、4月葉が開く前に開花。果実は袋果で長楕円形、長さ6~10cm、10月に紅色になり裂開する。冬芽は頂芽は紡錘形、長さ10~15mm、長い絹毛に包まれる、花芽は長さ20~25mm。
近似種
コメント