名前 梶楓(カジカエデ) 別名 オニモミジ
学名 Acer diabolicum 草木種 落葉高木
科属 カエデ科カエデ属 高さ 10~20m
分布 宮城県以南、四国、九州
生育地 山地
花色 暗紅色 開花期 4~5月
実色   結実期
特徴 樹皮は灰褐色でなめらか。葉は直径6~15cmで掌状に5深裂する。上部の3裂片が大きく、縁にはあらい鋸歯がある。裏面は有毛。前年枝から散房花序をだし、葉が展開する前に普通暗紅色まれに淡緑色の花を開く。雌雄異株。雄花の花弁と萼片は鐘状に合着する。雌花の花弁と萼片は5個。翼果は長さ3~3.5cmで粗毛があり、翼の開きは狭い。
近似種
コメント 和名は、葉がクワ科のカジノキ(梶の木)に似ることによる