名前 観音山の御神木
所在地 様似郡様似町潮見台1
樹種 カシワ
ブナ 推定樹齢 400年以上
樹高 12m 幹回り 449cm
北海道記念保護樹林昭和47年3月25日指定
第4回自然環境保全基礎調査 巨樹・巨木林調査報告書:平成3年環境省発行
明治28年(1895)蝦夷三官寺の等澍院中興の祖、塚田純田氏が33観世音の石像を安置して以来、いつしかこの山を観音山と呼ぶようになった。その頃すでに頂上に1本のカシワの巨木があり、早くから町民はこの木を御神木と呼び、うやまわれている。
平成29年6月24日撮影
場所