名前 柿蘭(カキラン) 別名
学名 Epipactis thumbergii 草木種 多年草
科属 ラン科カキラン属 高さ 30~60cm
分布 北海道、本州、四国、九州
生育地 低地~山地の日当たりのよい湿った所
花色 柿色 開花期 7~8月
実色   結実期
特徴 根茎が横に伸びて節から根を出す。上部の葉は長楕円形で長さ10cm前後、縦脈が目立ち基部は鞘状となって茎を抱く。花はややまばらにつき、径1cmほど。がく片はクリーム色で2枚の花弁は柿色。唇弁は上下の2唇に分かれ、白色で紅紫色の目立つ模様がある。
近似種
コメント