名前 穂躑躅(ホツツジ) 別名
学名 Tripetaleia paniculata Sied.et Zucc. 草木種 落葉低木
科属 ツツジ科ホツツジ属 高さ 1~2m
分布 日本、本道では南部
生育地 日当りのよい山地
花色 淡紅白色 開花期 7~8月
実色  褐色 結実期 9~10月
特徴 枝はよく分かれて、大きな株をつくることもある、若い枝は茶色で、角ばった稜が3本ある、毛はない、葉は倒卵形~楕円形で長さ3~7cm、先はとがる、下部はとがって長さ1~2mmの柄となる、互生、花は淡紅白色、花冠は径約1.5cm、3裂しそりかえる、円錐花序につき、7~8月に開花。果実は偏球形で径3mm、柄は1mm、9~10月に成熟し褐色になる。冬芽は卵形で先は鋭くとがり、長さ4~6mm、側芽は先端に集中する。
近似種
コメント