名前 細葉当帰(ホソバトウキ) 別名
学名 Angelica stenoloba Kitagawa 草木種 多年草
科属 セリ科シシウド属 高さ 20~60cm
分布 夕張山地。日高山脈
生育地 超塩基性岩地
花色 白色 開花期 6~8月
実色   結実期
特徴 ミヤマトウキの亜種。全体に紫色をおびた緑色。葉は硬質で光沢があり、2~3回3出複葉で小葉は広線形で幅は3cm程度、鋸歯縁で先がとがる。小さな花が複散形花序に多数つき、総苞片はふつうなく、線形の小総苞片が少数つく、花の径は3mmほどで花弁5枚は内側に巻き込み、雄しべは5本。
近似種 北海道固有種
コメント