名前 姫カカラ(ヒメカカラ) 別名
学名 Smilax biflora 草木種 つる性落葉低木
科属 ユリ科シオデ属 高さ 20~30cm
分布 屋久島、奄美大島
生育地
花色 淡黄緑色 開花期 5月
実色   結実期
特徴 茎はやや立ち高さ20~30cm、密に分枝し、枝とともにジグザグに曲がり、有稜、1~3mmの開出した鋭い刺を散生する。小葉の長さは5~15mm。葉腋に径3mmの淡黄緑色の花を1~2個つける。果実は球形で赤熟する。
近似種
コメント カカラは九州の方言で、サルトリイバラの意。