名前 姫錨草(ヒメイカリソウ) 別名
学名 Epimedium x youngianum 草木種 多年草
科属 メギ科イカリソウ属 高さ 15~30cm
分布 北海道の南西部から九州
生育地 山地の林の縁
花色 白色 開花期 5~6月
実色   結実期
特徴 葉は2回3出複葉、小葉は楕円形で、縁には細鋸歯。 葉の質は革質で、先は尖る。花茎に総状花序を出し、花径2~3センチの白い花をつける。 花は4枚の花弁と8枚の萼片、船の碇に見立てられた距がある。 萼片のうちの4枚は開花時に落ちる。 雄しべは4本、雌しべは1本。碇草(イカリソウ)と梅花碇草(バイカイカリソウ)との自然交雑種と考えられている。
近似種
コメント