名前 ヒマラヤハシドイ 別名
学名 Syringa emodi 草木種 落葉小高木
科属 モクセイ科ハシドイ属 高さ 2~5m
分布 原産地はヒマラヤ地方
生育地
花色 淡紅紫 開花期 5~6月
実色   結実期
特徴 葉は長さ6センチから10センチの長い楕円形で、向かい合って生える。葉の脇からピラミッド状の円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出し、藤色の筒状の花をつける。花はよい香りがする。果実はさく果である。
近似種
コメント