名前 蝿毒草(ハエドクソウ) 別名
学名 Phryma leptostachya ssp.asiatica 草木種 多年草
科属 ハエドクソウ科ハエドクソウ属 高さ 40~70cm
分布 北海道~本州、四国
生育地 低山の林下などに生育
花色 白色、淡桃色 開花期 7~8月
実色   結実期
特徴 はタマゴ形~長めの楕円形で、長さ7~10cm、幅7~7cm。ふちには粗いギザギザがあり対生する。花は茎先に数個がまばらな穂状につく白色または淡桃色の唇形。長さ5~6mmで、あまりに小さく目立たない。つぼみのときは上向きだが、開花すると横向きに、果実になると茎にそって下向きになる。果実になると、萼の先端が硬い鉤状になり、藪を歩くと衣服などに付着するところはイノコズチのようだが、本種はハエドクソウ科といって1科1属1種の珍しい植物である。
近似種
コメント