名前 蘿藦(ガガイモ) 別名
学名 Metaplexis japonica Makino 草木種 多年草
科属 ガガイモ科ガガイモ属 高さ つる性
分布 北海道~四国、九州
生育地 野原の日当たりに生育
花色 紫色 開花期 7~8月
実色  緑色から枯褐色 結実期
特徴 横に這う地下茎で増殖する。茎はつる性で2mくらいの長さに伸び、葉は長卵状心形で柄があり、長さ5~10cm、幅3~6cmあり、先はとがり、基部はやや心形となる。茎や葉を切ると、白い乳液がでる。裏は緑白色をおび、対生する。葉のわきから長い花柄を伸ばし、径約1cmの花が咲く。花弁は5枚で、先はそり返る。花後、長さ6~10cm、幅1.5~2cmの舟状の莢実ができ、熟すと二つに割れて、多数の絹糸状の長い毛が生えた種子が飛び散る。
花の拡大写真追加しました、雄しべと雌しべが合着して「蕊柱(ずいちゅう)」をつくり、花粉を集めた塊をつくる。花粉媒介をより確実にする為との事。
近似種
コメント