名前 蝦夷山桜(エゾヤマザクラ) 別名 オオヤマザクラ
学名 Prunus sargentii Rehder (Cerasus sargentii H.Ohba) 草木種 落葉高木
科属 バラ科サクラ属 高さ 20m
分布 北海道、本州中部以北、千島、サハリン、朝鮮
生育地 山地
花色 淡紅色 開花期 5月
実色  紫黒色 結実期 7月
特徴 枝はやや細くて斜めにまっすぐ伸びやすい。円みのある樹冠をつくる。樹皮は紫がかった褐色で、滑らかでつやがあり、皮目は大きく横に伸びている。新しい枝は灰色で古くなると褐色となり光沢がでる。葉は楕円形~倒卵状楕円形で長さ8~15cm、先は尾状にとがり鋭鋸歯縁、腺点は葉柄上部。花は両性花、淡紅色で径2.5~4cm、花弁5、5月葉と同時に開花、花柄は赤色無毛、長さ1~2.5cm。果実は球形で径5~7mm、7月頃紫黒色に熟す。冬芽は卵形~長卵形で先はとがる。長さ5~7mm、花芽はやや円みがある、互生する。
近似種
コメント