名前 蝦夷山萩(エゾヤマハギ) 別名
学名 Lespedeza bicolor 草木種 落葉小低木
科属 マメ科ハギ属 高さ 50cm~2m
分布 北海道、本州、四国、九州
生育地 低地~山地の日当たりのよい所
花色 紫色 開花期 7/下~9月
実色   結実期 10月
特徴 根元から多くの枝を出して株をつくり、枝もよく分かれる、枝の先は冬に枯れ、春新しい枝を中ほどから出す。葉は3出複葉で小葉は長さ1.5~4cmの広楕円形、頂小葉が少し大きい。葉腋から出る花序に蝶形花が総状につき、長さ12~17mm。がく筒は4裂する。果実は円く扁平で、熟しても裂開しない。小枝は冬に枯れる。
近似種
コメント 図鑑ではヤマハギの原種とも、同じ種とも書かれています。