名前 蝦夷立浪草(エゾタツナミソウ) 別名
学名 Scutellaria pekinensis var.ussuriensis 草木種 多年草
科属 シソ科タツナミソウ属 高さ 15~40cm
分布 北海道、本州(中部・北部)
生育地 山地の林内
花色 淡青紫色 開花期 6~8月
実色   結実期
特徴 地下茎があり、茎の断面は四角い。葉は長い柄があって対生し、葉身は長さ2~4cmの卵状三角形で、ほとんど無毛で鋸歯縁。花は茎上部に穂状につき、花冠は筒部が長い2唇形で長さ2cmほど。腺毛が密生し、白い下唇が扇状に開く。
近似種 変種ヤマタツナミソウは葉の両面に毛がある。
コメント