名前 蝦夷鈴蘭(エゾスズラン) 別名 アオスズラン
学名 Epipactis paoillosa 草木種 多年草
科属 ラン科カキラン属 高さ 30~60cm
分布 北海道、本州、四国、九州
生育地 山地~亜高山の林内
花色 緑色 開花期 7月
実色 結実期
特徴 茎や葉に褐色の短毛があってざらつく。葉は数枚が互生し、葉身は長さ7~12cmで基部は茎を抱く。花は一方に偏って総状に20~30個つき、径1.5cmほど。がく片と花弁は長さが1cm前後。唇弁は先端部が卵形、後部が内側に巻いて内面は暗褐色。ずい柱は大きく、唇弁後部とほぼ同長。
近似種
コメント