名前 蝦夷大山繁縷(エゾオオヤマハコベ) 別名
学名 Stellaria radians 草木種 多年草
科属 ナデシコ科ハコベ属 高さ 40~70cm
分布 北海道、本州(北部)
生育地 低地~低山の湿った草地、湿原の周囲
花色 白色 開花期 6~8月
実色   結実期
特徴 全体に伏し毛が密生してくすんだ緑色に見える。茎は断面が四角で、上部は分枝するので茂み状となる。葉は対生し、柄がなく長さ6~12cmの細長い長卵形で先は次第にとがる。花は枝先にまばらにつき径2cmほど。花弁は5枚あり、先が紐状に細かく裂ける。
近似種
コメント